fc2ブログ

海遊びクラブ

海のスポーツ、海のレクリェーションの楽しさ、おもしろさ、を知らせ同好の士を募り、倶に楽しむ部を形成し、海遊びの遊技を、教えたり、教えられたりで、余暇を人生を愉しく広げてゆくための記録であり呼びかけ。

だんだん夏の海になってきました

油を浮かべたような凪の海、岸近くでイワシがピチャピチャ跳ね、靄が漂い遠方が見えない、初夏にある光景です、いよいよ本格的な釣りシーズンですね、今日も沢山仲間が集まりました、こんな凪と休日が重なることは少ないので、みなさん深場へ直行という方が多く、もれなく私も深場の魚を頭に描き凪の海を向かいます、沖も穏やかで心配なく船進ませることができました、途中、聞いていた赤潮が発生してました、深場の海ではこの時期見られるちぎれた藻のようなものが漂いよくガイドに絡みつくので嫌ですね、そして、こういう時は魚の機嫌もよくないような思いがあります、さあ、ポイントにつき期待を込めて、第一投、途中で仕掛けが下りていきません、サバです、竿がギュンギュン引き込まれます巻き上げると五本バリにパーフェクトです、第二投、再びサバ、パーフェクト、仕方ないので、少し移動して第三投、三たびサバ、パーフェクト、ゴマサバとマサバヶ混じっていて、型の良いマサバを一本キープしてあとは海に帰ってもらいました、やっと底まで仕掛けが落ちました、今日は小潮なのですが早い、あっという間に船が流されます、風はないのでエンジンを止めても仕掛けは立ちます、当たりがあり、巻き上げてくると、途中でやっぱりサバが食いつきました仕掛けを回収してくるとサバと、ギスがついてきましたがおかえり願いました、潮周りをして仕掛けを入れます、また当たりました、今度はまあまあのアタリ、もしかして本命と慎重に上げてくるとまたサバが邪魔をします、上がってくるとサバ君しかいませんがっくりです、次の投入にもアタリが出ました、しかしまたサバが途中で食いつきます、それでも今回は小さいけれど初めて掛けたキンメがしっかりとついてきました、小さいけれど嬉しい魚です、その後も入れるたびアタリがあり、アヤメカサゴ、アカボシ沖メバルが釣れました、もう少し浅い所へと移動します、その頃から潮の流れがおかしくなりました、早いのですが、どうやら二枚潮のようで、風に立て流しても道糸が斜めに入ってしまい思うように底が取れません、あっという間に10mくらい出ていきます、何回か流しますが、当たりも遠くなり釣りづらいので深場は諦めコマセ鯛に行きます、ポイントを決め流しはじめ1時間半何にもありませんエサ取りの様子をうかがいながら同じ筋を流します、やっと「アタッタ!」竿を取り2回目の強い引き込み「デカイ!」とドラグを緩めた瞬間「フッ」とテンションがなくなり回収してくるとハリの近くで切れていました、ずーっと使っていた仕掛けだったので弱っていたのかな、ちょっと後悔したけど仕方ない、まだあるはず…しかし海は最後まで沈黙したままでした、今日も時間いっぱいまで釣りを楽しませてもらいました、さあ田島さんに連絡しようと携帯を取り出すと、なんと電池切れ、どうしようとりあえず帰港場所まで行って誰か気づいてくれないかとグルグルと岸近くを回ってみますけど誰も気づいてくれない、海上で手を振るわけにもいかないので暫く思案に暮れていたけれど、「ヨシ着岸しちゃえ」と判断して自力でボートをある程度まで引き上げたところで田島さんがトラクターで来てくれました、凪の海だったから良かったですが、最悪のことを思うと「ゾッ」とします、みなさん不携帯と電池切れにはならないようにしましょう、悪しからず。
  1. 2016/05/30(月) 21:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ